院長のごあいさつ


はじめまして、あかいわ接骨院の院長 河合秀樹です。

私が治療を行う際、とても大切にしていることは、患者様の立場になってしっかりと話を聞いてあげることです。

どうしてこういう事が大切なのかといいますと、患者様と話やすい環境をつくり、向き合い信頼関係を深めることでケガの治療を早め、さらには精神的なストレスを軽減させることができるからです。

本来、接骨院は急性疾患のケガのみに対応しますが、心身共にリラックスした状態で施術を受けていただき、少しでもケガや日常のストレスから開放されればと思っております。

「患部以外に痛むところが、またつらいところがあるけれど・・・」
「電気治療ってどんなのかわからないし怖いからどうしよう・・・」
「専門用語使われても、私知らないし・・・ちゃんと理解して話しているのかしら・・・」

と患者様が質問したい事や、要望など聞けない環境では余計にストレスなどの精神的負担をかけてしまいます。

脳も身体も緊張している状態での治療はかえって症状を悪化させてしまいます。
ケガの治療をするのと同じくらい、心のケアも大切なのです。


また当院ではただ、治療するのではなく、再発・慢性化防止を考えた患者様の症状に合った、 ストレッチや運動などのアドバイスもしております。
今後の治療計画を説明しながら、心にゆとりを、そして健やかで笑顔な日々を送れるようサポートさせていただきます。

地域密着で、患者様の笑顔が見える接骨院として日々精進して参りたいと思います。